いろんな業種の人と知り合えるのはキャバ嬢の特権

やっぱりお仕事って、実際にやってみないとわからないものですね。
私は、キャバクラのバイトを始める前は、「知らないスケベなおじさん相手にヘラヘラ笑ってればたくさんお金稼げるんでしょ」くらいにこの仕事を思ってました。
そういう感じの時もありますけど(笑)、でも、違う感じの時もあるんです。

私が派遣のキャバクラ嬢として副業を始めて、「意外な良さがあるんだな」と思ったのは、昼職にはない刺激を感じた時です。
昼職にはない刺激の中で私にとって重要だなって思ったのが、いろんな業種の人と知り合えること。

お客様の男性って本当にジャンルが幅広くて、下心見え見えのおじさんもいるんだけど、紳士的で頭が良くて、話していてとてもスマートな男性も実はたくさんいるんです。

そういう人たちとお話ししていると、とても勉強になりますよ。
知らないことも覚えるし、経済の勉強もできるし、お金の大事さとか、人とのつながりの大切さとかも学べている気がしています。
これはOLのお仕事のような狭い世界だけで働いていると絶対に感じられないことです。

ちょっと真面目な話になっちゃいましたけど、キャバクラのバイトを通して、私は人間としてかなり成長したんじゃないかなって感じてるところ。
今後の人生に絶対に役立つはずです!

人との接し方とかマナーとかも身に付きました!

真面目な話ついでにもう一つだけ、この派遣のキャバ嬢のバイトをしてよかったことを言わせてください!

このお仕事って接客業じゃないですか。
しかも高いお金を受け取っているから、ファミレスとかコンビニとかの店員とは全然違った、一段階も二段階もレベルの高い接客術が求められるんです。

キャバ嬢はお客様と常に会話をしなくちゃいけないので、接客術にはトーク術とかも含まれるんですけど、これもキャバ嬢の副業を始めてからかなり鍛えられましたね。

特に人との接し方やマナーなんかについては、相当レベルアップしたはず。相手によって接し方を変えたり、質問の仕方を工夫してみたり、表情や言葉で何を求めているかを察知して早めに行動に出たり、そんなことはOLをやっているだけの時にはほとんど考えなかったですから。
言葉遣いとかも、キャバ嬢のお仕事を始めてから良くなった気がしてます。

こういったことも実は、いろんな業種の人と知り合えるからなんですよね。
社長さんとかとも出会えるし、真面目な人も意外と多いから、そんな中で刺激をもらっていろいろと学べたことは、本業にも友達付き合いにも恋愛にも生きていると感じています。